最前線の治療で生活安泰|郡山青藍病院で腰痛撃退

先生

大和郡山市の救急医療

インテリア

医療機関の責務を果たす

自然豊かな奈良県にある大和郡山市には、地元の人々の信頼を集める病院がある。それが、郡山青藍病院だ。院長は奈良県の救急医療に熱く、地域の患者は地域でみるといった原則を大事にした病院運営を行っている。急性期に力を入れるとあって全病床数の半分は一般病棟となっている。看護師の配置も厚く教育にも力を注いでいる。医療機器もCT,MRIに加え内視鏡(腸の中を診察する道具)や血管造影装置(血管に造影剤を流し込んで血管の状態を知ることができる装置)もある。急性期ばかりではない。地域の病院としての顔もある。椎間板ヘルニアなどによる腰痛の治療にも力を注いでいる。一般にはヘルニアが進行すると外科的な治療となるが、郡山青藍病院はレーザーによる侵襲性の低い治療を行っている。高齢者の中には体力が低下し手術を受けられない人も多い。負担の少ない治療方法が選択できることが、患者にとって大きな利益になっている。

利用時の注意点

郡山青藍病院は急性期の病院ではあるがすべての診療科を網羅しているわけではない。産婦人科や精神科、心療内科などはないので、来院前によく診療科を確認する必要がある。またかかりつけの医師がいつもいるわけではないので事前に診療日を把握する事を忘れないことが大切。郡山青藍病院のホームページに診療科案内があるのでそこで確認できる。診察時間も制限があるので注意したい。救急に来院が必要な場合は救急車を利用する場合と利用しない場合がある。利用しない場合はあらかじめ病院に連絡を入れておくとその後がスムーズになる。その状態になったいきさつや症状を伝えておくと注意点を教えてくれるのでそれにしたがって患者を病院に搬送するとよい。救急車を使うべきか否かもその時教えてくれる。